風景の日記2

風景の日記(ダイアリー)をインポートしたブログです。

桜:第7回北海道地方の桜の開花予想

今日、予想が気象庁から発表された。
ここ余市の開花日は5月10日から15日であるという。
そして、本年のさくらの開花は平年の見込みという。
本道の開花予想の標準木は、ソメイヨシノ、エゾヤマザクラチシマザクラという。
余市川の堤は、桜堤で毎年楽しませてくれる。
しかし、昨年の台風、今冬の雪、そして今日の堤の桜は、まだ残雪の中で、予報の時期に開花するのだろうか?と思わずにいられません。
でも、一日も早く開花して欲しい。
桜に桜花、夢見草、仇名草、染井吉野、深山桜、大島桜、夕桜、夜桜、枝垂れ彼岸、紅枝垂、糸桜など多くの名前があり、花の咲き始めから散った後の葉桜までも万葉の時代から詩歌の題材となっている。
第8回の予想は4月20日で、桜堤も春の景色となっているだろう。

山峡に 咲ける桜を ただひと目 君に見せてば 何をか思はむ

大伴池主(万葉集 巻十七 三九六七)