風景の日記2

風景の日記(ダイアリー)をインポートしたブログです。

鰯の日

今日は、晴れのち曇り、一時雨そして晴れと秋の空でしたね。日記に何を書こうかと仕事の手を休め、日めくりを何気なく見ましたね。今日は、里親デー、京都北野ずいき祭、福島二本松提灯祭そして鰯(いわし)の日とありました。鰯の日があるのですね。大阪おさかな健康食品協議会が制定したらしいですよ。10月4日、イ(1)ワ(0)シ(4)の日と定めたようですね。釧路に居りましたとき鰯料理の専門店がありまして、おいしかったですね。お店の名前いわしや太平だったかな?ナナツボシなるマイワシが、主役でしたね。釧路は秋刀魚もおいしかったな。秋刀魚のお鮨を出す回転寿司屋さんがあったな。なごやか亭といったかな。安くておいしかったですね。
画像は、紫陽花(ちざきバラ園:9月10日撮影)です。花びらに見えるガクは、咲き始めは紫、赤紫、白花と七変化できれいですね。でも、撮影時の9月のガクは、凛としたすがたですが、色の変化も終り、なんともいえない味のある寂びた色合いでいいですね。この紫陽花観ていて、サムエル・ウルマンの詩「年を重ねただけで人は老いない。理想を失ったときはじめて老いる」を思い出しましたよ。画像の紫陽花に行き着くのに鰯の日は関係なかったかな。秋の空ですね。文脈支離滅裂。

 あじさゐや逢はばすずしくもの言はむ    細見綾子