風景の日記2

風景の日記(ダイアリー)をインポートしたブログです。

小樽海岸自然探勝路1(祝津側入り口から下赤岩山山頂間)

図書館に返本後バスで小樽駅前からおたる水族館(終点)に向かう。
下車後、江差追分記念碑を目指す。
記念碑の前から眼下に高島岬、日和山灯台、鰊御殿、おたる水族館、トド岩が望まれました。
表記はニセコ積丹小樽海岸国定公園小樽海岸自然探勝路赤岩オタモイ線と長い名称のようです。
山谷 正著「北のウオーキングおすすめ45コース」(北海道新聞社 2005)や2007年版小樽観光ガイドマップにしたがい表記としました。
探勝路は1)自然探勝路入口(祝津側)→2)下赤岩山山頂→3)赤岩峠→4)出羽三山神社→5)オタモイ地蔵ですが、今回は4)までを歩きました。
マップによりますと探勝路は西小樽エリアの祝津・高島・手宮エリアに位置しています。
入口(出口)はホテルノイシュロス小樽の少し先にあります。
入口から急な上がり坂ですが探勝路は樹林に囲まれ、夏も涼しい木陰を作ってくれるでしょう。
35分ほどで下赤岩山山頂に着きます。

探勝路に入るとタチツボスミレオオタチツボスミレかも)がまず咲いていました。
下赤岩山山頂から高島岬、日和山灯台、ホテル、小樽港、舞鶴へ向かうと思われるフェリーが望め、すばらしい景色の山頂で一休みでした。
このあと赤岩霊場や白竜神社のあります赤岩峠へ向かいます。入口から霊場の間に多くのお地蔵さんがありました。