風景の日記2

風景の日記(ダイアリー)をインポートしたブログです。

庭の花と憑神を観にゆく

朝、庭のバラ、胡瓜、トマト、ジャガイモの花を撮る。
少し肌寒い朝でした。
その後、小樽築港に映画「憑神」を見に行く。
原作を読んだ後でしたが、面白い映画でしたね。
神様と人間が対等に会話しているのがいいですね。
「たぶん神は自分の鏡という見方ができ、心の中の煩悩って読み方もあると思うよ」と原作者の浅田次郎氏が述べている。
DVDでるとたぶん購入でしょう。
映画のパンフの「あんた、ツイてるね」を捩って、この映画を観れて「私、ツイてるな」と思いましたね。
ツイてるの意味が違うかな。
そして、いつものぞくおもちゃ屋さん「きんだーりーぷ」を覘く。
孫にお土産ひとつ購入。
お店今度移転するとか。
移転場所は7月に開館予定の「小樽市総合博物」の中らしい、でも店には無料で入場できるとのこと。
小樽運河そばの今の博物館は、新博物館の「運河館」として再出発。