風景の日記2

風景の日記(ダイアリー)をインポートしたブログです。

倉敷三日目

朝、美観地区に散歩に行く。静かな朝の美観地区はすばらしい。

計画的な旅ではないので、今日はかみさんとの話で岡山へ行くことにしました。
今回は下記の二冊の本を急きょ購入して読んで、旅に出ました。
料金の安さにつられた衝動的な旅です。
1)ブルーガイド編集部(2006)てくてく歩き18「倉敷・広島・西瀬戸内海」実業之日本社
2)JTBパブリッシング(2005)るるぶ楽々広島尾道岡山倉敷 JTBパブリッシング
倉敷の街を散策した後で、今日8日をどうするか決めることにしていました。
上記二冊の本を参考に尾道も魅力のある場所でしたが、岡山に行くことにしました。
ホテル→JR倉敷駅→JR岡山駅林原美術館岡山城→食事処四季彩→後楽園→岡山県立博物館→岡山県立美術館→JR岡山駅→JR倉敷駅→ホテル→料理旅館鶴形グリル鶴形→ホテル。
総歩数は25186歩、岡山は暑かったですね。
林原美術館は東洋古美術の美の殿堂とガイドブックにありました。
でも、元首相橋本龍太郎氏の特別展「地球家族バンザイ 橋本龍太郎刀剣コレクションとフォトメッセージ」が開催されていました。
剣道をされていることはテレビで知っていたのですが、写真が趣味とは知りませんでした。
刀剣はよくわからなかったのですが、写真と解説文自筆原稿は楽しく拝見できました。
原稿用紙に推敲の後を見て、風景や花の写真とメッセージを見ますと橋本首相の人間的な一端を知ることができました。
写真は素晴らしかったですね。
そのあと岡山城と後楽園などを見学して、倉敷へ。
岡山城では平成20年岡山城春季特別展「明治維新140年「山陽道諸藩の幕末、維新」」が開かれていました。
天守閣から後楽園が望め、後楽園からも岡山城を見ることができました。
これで日本三大庭園を見学したことになります。

岡山から倉敷駅前のえびす通りを抜けてホテルに帰る。
一休み後、昨日休業のグリル鶴形に鯛茶漬けを食べに行く。
おいしかった。