風景の日記2

風景の日記(ダイアリー)をインポートしたブログです。

トンボ(蜻蛉)とトルコギキョウ

早朝と夕方の地中温度それぞれ20,25℃。
朝露が多くなったような気がします。
サンダルでは草の露で濡れてしまいます。
夏の暑さをもうじき懐かしくなるのでしょう。

庭で今日、トンボが普段より多く戯れ、
そして羽を休めていました。
赤とんぼも見られ、秋ですね。


また、新たな品種のトルコ桔梗が開花しました。
蕾が青紫でしたので、青紫の花が咲くと思い込んでいました。
花弁の先端が青紫の白い花でした。
品種名を書いたメモを紛失、たぶん、ブルーピッコティと思うのですが。
自信がありません。
トルコギキョウは、トルコキキョウと濁らなかったりするらしい。
アメリカ原産で桔梗に似ているので、トルコ桔梗としよう。
名前のように桔梗に似ていると言われれば似ていますね。
名前のトルコ(土耳古)は、一説には花のひらいた形がトルコ人のターバン(頭に巻くタオル)に似ているところからの「トルコ」の名前になったらしい。
花言葉は 「清々しい美しさ、深い思いやり」とのこと。
7月18日、8月18日の誕生花らしい。