風景の日記2

風景の日記(ダイアリー)をインポートしたブログです。

裏山の春の妖精

庭ではやっとクロッカスが咲き始めました。
そして、裏山に続く庭では片栗の開花個体が、姿を現しました。
まだ、開花するほどの蕾ではないのですが、もうじきに可憐な花を見せてくれるでしょう。
アリたちの種子散布に感謝。
それでデジカメ片手に裏山の妖精たちの様子を見に出かけました。
裏山の春植物(春の妖精)は、まず難波津と片栗が挙げられます。
昨日、難波津は開花した個体が観察されなかったのですが、今日は見られました。
難波津は今日が開花日ですね。
片栗は今日も開花個体は観察されませんでした。
でも、例年一番に咲く南斜面では雪もだいぶ消え、蕾を持った個体が姿を見せていました。
もうじきに開花するでしょう。
忙しくなるかな。

追記:平成24年4月26日
難波津の緑の葉の汚れを思い出して寝床で詠む句一句。
冬垢を春の季語としたのです。

   「雨にぬれ 冬垢おとす 難波津や」 北 帰航(第146句)