風景の日記2

風景の日記(ダイアリー)をインポートしたブログです。

札幌市資料館と時計台を訪ねて

今日(2014年8月9日)大通り西13丁目の資料館をまず訪ねました。
2012年3月27日以来です。
近くに卒業した二条小学校があり、
資料館は懐かしい建物の一つです。
もとの高等裁判所。その前は札幌控訴院で、大正15年に完成のようです。
全国に8か所設けられた控訴院の中で、名古屋とここだけが残されているようです。
大正モダニズムが薫建物とのこと。
外壁は札幌軟石と煉瓦で造られています。

おおば比呂司記念室と遠友夜学校記念室を楽しみにしていたのですが、
両記念室ともなくなっていました。
ちょっとさびしいですね。
小学生のころと同じ建物なのですが、まわりの建物が大きく変わりました。
高い建物が増えたのです。
像は、佐藤忠良氏の「若い女の像」です。
大通り西12丁目のバラの咲くサンクガーデン34にありました。
子供のころの建物を見るとホッとします。
また、大通り西12丁目など公園もきれいに整備されました。

大通り西12丁目で水浴び中

サッポロビールなど多くのビールメーカーのビヤガーデンの中をとおり、

その後、時計台近くをとおり、塔みて、急に見学したくなりました。
まだ、一度も見学していないなと思ったからです。

多くの観光客の方でにぎわっていました。
何か記念にと思い、偶然手にした本を購入。
暑い一日でしたが、また、思い出が一つ増えました。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村